大崎市在宅医療・介護連携支援センターモバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。



介護医療資源マップ(医療・介護関連の施設情報を検索できます)

こちらから資源マップに移動します

おおさきわが街ガイドマップ内の右側「医療・介護マップ」をクリックしてください。

大崎市在宅医療・介護連携支援センター

〒989-6136 
大崎市古川穂波6丁目30-35

TEL 0229(25)5376 FAX 0229(25)5378
お問い合わせはこちら


大崎市医師会
〒989-6162
宮城県大崎市古川駅前大通三丁目3-17
TEL 0229(22)1573 FAX 0229(24)1388
医師会ホームページはこちらから



Home > お知らせ NEW  > ☆訪問介護事業所向けセミナーを開催しました(11月5日)
☆訪問介護事業所向けセミナーを開催しました(11月5日)

訪問介護事業所向け セミナー を開催しました(11月5日)

令和3年11月5日(金)に大崎訪問看護ステーションにて、訪問介護事業所向け「在宅医療・介護連携セミナー」を開催しました。

今回初めて、訪問介護事業所のみの研修会を行いましたが、皆さん仕事の合間をみて参加して下さいました。


はじめに、前医師会長 近江医院 理事長 近江徹廣先生にご挨拶を頂戴し開会しました。

講義では、大崎訪問看護ステーション所長 前田香苗氏と 皮膚排泄ケア認定看護師 大内淑子氏に講師をお願いし、『在宅医療者の観察ポイントとケア~日頃のケアの疑問や悩みを一緒に考えよう~』と題し、講義と人体モデルを用いての実技で解りやすくお話していただきました。

また、前田所長から 利用者さんの生活に一番密着しているのはヘルパーさんであり、利用者さんやご家族から信頼されているのもヘルパーさんが多い。医療職もヘルパーさんに助けられているので、多職種やヘルパーさん同士のつながりも大切にしてほしいと提案がありました。急遽でしたが参加者の自己紹介を実施し和やかな雰囲気でした。

参加者からは、「改めて訪問介護の重要性を感じた」や「皮膚疾患や痒みのある方のケアに役立てたい」「多職種連携の大切さを知った」との感想から、「介護はチームなのでスタッフ全員で共有したい」と伝達したいという意見も多かったです。

最後に大崎市在宅医療・介護連携支援センター長より『在宅ケアチームの情報共有について(MCSの実際)』をMCSのやり取りの実例を踏まえて説明しました。
最近は、MCSへ加入する方も増えています。ぜひ多くの方に活用して頂きたいです。
近江先生のご挨拶
前田所長による講義
大内看護師による実技
MCSの実際の説明

介護事業所向け 「在宅医療・介護連携セミナー」

訪問介護事業所の方を対象に「在宅医療・介護連携セミナー」を開催します。

在宅医療・介護を支える訪問介護員の方が医学的知識と健康観察のポイントを学び、日々の業務に役立てて頂くためのセミナーです。

開催日時 : 令和3年 11月 5日(金) 18:00~19:30
場 所  : 大崎訪問看護ステーション

参加費無料ですので、多くの方のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちら

※お申し込みは10月15日(金)までFAXでお願いします。

※新型コロナウイルス感染症の感染対策をしながらの開催を予定しておりますが、変更の場合は随時ホームページに掲載いたします。
セミナーちらし
申込書
お問い合わせ
~MCS(メディカルケアステーション)登録者募集~
大崎市医師会では多職種ネットワークを利用し連携できる「おおさき地区医介連メンバー」を募集しています。
 「メディカルケアステーション(MCS)」とは医療介護従事者専用に開発された医療介護従事者の新しい形のコミュニケーションツールです。無料なので是非みんなで繋がって情報を共有し、地域住民のケアに役立ててみませんか?