大崎市在宅医療・介護連携支援センターモバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

介護医療資源マップ(医療・介護関連の施設情報を検索できます)
こちらから資源マップに移動します

おおさきわが街ガイドマップ内の右側「医療・介護マップ」をクリックしてください。

大崎市在宅医療・介護連携支援センター

〒989-6136 
大崎市古川穂波6丁目30-35

TEL 0229(25)5376 FAX 0229(25)5378
お問い合わせはこちら


大崎市医師会
〒989-6162
宮城県大崎市古川駅前大通三丁目3-17
TEL 0229(22)1573 FAX 0229(24)1388
医師会ホームページはこちらから



大崎市医師会では大崎市より委託を受け、「大崎市在宅医療・介護連携支援センター」を開設しております。医療関係者、介護・福祉関係の皆様「在宅療養を始めたけれど、どこに相談したらいいかわからない・・・」こんな時は、当支援センターへご相談下さい。保健師、介護支援専門員の資格を持った職員が対応いたします。

最新情報

2020.10.15 10月20日医学講座(コミュニケーションと心のケア)参加の方はまだ空き(8名)がありますので、ぜひご参加ください。
2020.10.15 10月30日(金)医学講座特別編(コロナ対策編)part2ですが、募集人数に余裕がありますので参加希望の方はぜひご応募ください。
2020.10.01 第4回医学講座「安全・安楽な介護方法」槙所長さん講義のDVD貸出しの準備が出来ましたのでお知らせします。 また,これまでの講座分についてもご活用ください。

なぜ今、在宅療養なの?

■在宅療養ってなに?

医師や看護師がチームとなって、定期的に患者さんのご自宅を訪問し、診察などを行うことを在宅医療といいます。これに加えて、ケアマネジャーとの連携や情報共有を行うことで、医療サービスと同時に必要な介護サービス等を提供し、在宅での療養生活が可能となります。

■なぜ今、在宅療養なの?

市民の生活が多様化する中、約6割の方が住み慣れた自宅で老後を過ごすことを希望しており、可能な限り自分らしく過ごせる環境が求められるようになってきていることが大きな理由として挙げられます。

■在宅療養を利用したいときは?

在宅療養を行う際の病状には特別な制限はありません。また急に具合が悪くなった場合には切れ目のない対応が受けられ、必要に応じて入院に移ることができるよう環境の整備を進めていますので、ぜひご相談ください。
す。
お問い合わせ
~MCS(メディカルケアステーション)登録者募集~
大崎市医師会では多職種ネットワークを利用し連携できる「おおさき地区医介連メンバー」を募集しています。
 「メディカルケアステーション(MCS)」とは医療介護従事者専用に開発された医療介護従事者の新しい形のコミュニケーションツールです。無料なので是非みんなで繋がって情報を共有し、地域住民のケアに役立ててみませんか?